小豆島出身の作家【壷井栄】の代表作「二十四の瞳」を模したブロンズ像です。このブロンズ像は、子供たちの平和と幸せを求める永遠の願いが、こめられているそうです。


     

馬越峠の高台に建てられている巨大観音像です。スリランカより贈られたお釈迦様の歯の分骨を祀ってあります。 中にはエレベーターがあり、展望室まで登ることができます。


     

小豆島各地に点在する大阪城築城用の石材を切り出していた丁場跡のひとつです。この丁場跡には遊歩道が整備されており、至る所に切り出しかけた石や切り出したものの 運び出されず放置された石など見ることができます。それらの石には採掘する際に開けられる「矢孔」の跡や多種にわたる刻印がはっきりと残っています。この地区には他にも数ヶ所の丁場跡が残されており 島の中でも最大規模の丁場であったと思われます。
石を切り出す際に、8人の石工が押し潰されて死んだと言われる「八人岩」です。


     

土庄町の鹿島海水浴場の前にある公園です。山頂には中世の山城を模した展望台があります。それ以外にも テニスコート・野球場それから、 冒険の森には97mもの長さを誇るジェットスライダー(滑り台)やアスレチック施設ががあり、ご家族連れで楽しむ事ができます。


     

満ち潮の時には海なんだけど
引き潮の時にだけ現れる海の道
沖に浮かぶのは大余島
実は知る人ぞ知る縁結びのスポットと言われています。
潮が干いたら、真ん中で手と手を結ぶと願いが叶うと言われています。
願いが叶うかも?・・


     

季節の果物や野菜、菊の花、小豆島の特産品、などを中心に販売しています。


     

土渕海峡は小豆島本島と前島の間にある全長約2.5Kmの海峡です。最も幅の狭い場所は9.93mしかなく、 これは世界で一番狭い海峡ということで、ギネスブックにも認定されています。海峡横の土庄町役場(商工観光課)で横断証明書(100円)を 発行しています。


     

小豆島最大のダム、吉田ダムに隣接して整備された公園です。オートキャンプ場をはじめ多目的グラウンド・クライミングエリア・そして天然温泉も楽しむ事ができます。 ダム公園とはいえ、海岸とは非常に近く海と山が同時に楽しめる珍しいスポットでもあります。


     

映画二十四の瞳の舞台になったオープンセットの紹介。原作者の壷井栄について。その他観光情報など


     

寛永十年頃行われた大阪城改修の際に切り出されたものの、使われることなく放置された約40個の石をもとに 整備された公園です。数多くの資料によって石材の切り出しから運搬、加工などの様子がわかりやすく再現、説明されています。また、これらの残石は 実際に使われなかった石ということで「残念石」とも呼ばれています。


     

恵まれた環境を生かした滞在型・参加型のフォミリーレクリエーション施設「テニスコート」などのスポーツ施設や公共の宿「ふるさと荘」「ファミリーロッジ」の宿泊施設などなど・・・盛りだくさんの総合施設です。


     

日本三大渓谷美といわれる寒霞渓の山頂駅−紅雲亭駅間をロープウェイで結ぶ
小豆島といえば寒霞渓の紅葉と言われるほど、有名な観光スポット。紅葉以外でも自然が長い年月かけて作り上げた奇岩群は一見の価値があり。 また、山頂からの展望はまさに素晴らしく、日本三大渓谷美と呼ばれるにふさわしい景観を誇っています。


     

小豆島町のオリーブ公園内にある、小豆圏域健康生きがい中核施設・サンオリーブです。天然温泉をはじめ、トレーニングルーム、レストランやインターネット体験コーナーなどたくさんの施設があります。
温浴施設 (ハーブ湯・リラックス湯・エステ湯・露天風呂・歩行湯・寝湯・打たせ湯・遠赤外線サウナなど)


     

めがねの三城、マルヨシセンター、レディ、マツヤ電気、喫茶カフェ・カフェ、家電修理センター、美容室、写真館、リフォームセンター、ダイキ、サンクス、ジョイフル、手打ちうどんます家、回転寿司、大杉ドライ、コインランドリー、ペットショップ、セルフスタンド石井石油などのお店が集まったオリーブタウンです。


     

小豆島出身の作家【壷井栄】の代表作「二十四の瞳」を模したブロンズ像です。このブロンズ像は、子供たちの平和と幸せを求める永遠の願いが、こめられているそうです。


     

小豆島町オリーブヶ丘にあるオリーブ園
オリーブ製品の直売や、オリーブに関する各種資料を展示しています。また、レストランでは オリーブオイルを使用した多数のメニューを用意しています。オリーブは、毎年5月から6月にかけて白い花をつけ、10月から12月にかけて 実の収穫が行われます。オリーブがいっぱいの遊歩道には、ジャスミン・ミモザの花などが彩りを添えています。


     

寒霞渓と銚子渓の間にある展望台です。ここからは小豆島町中心部の町並みが眼下に広がり、遠くは瀬戸大橋や大鳴門橋も望むことができます。 見晴らしの良さでは小豆島でも1・2を争う隠れたスポットです。


     

高松港と小豆島池田港を結ぶ国際フェリー(株)です。2隻のカーフェリーにて毎日8便の運航を致しております。


     

細く延ばした素麺を屋外に出し、天日乾燥します。乾燥が進むにつれ段々と麺が白くなっていきます。